2019年5月10日金曜日

Second break time ...

Lovely and fatty Bee...



10連休の前から、朝の玄関前の花壇に来客があります。
結構可愛いのと、なんとなく少しずつ大きくなってきたような気がして、ちょっと記録してみました。

最近は毎日・・ただ一匹だけ (*'▽')!
花の蜜を独り占め。

明日も来ていると良いな~
来年も来てくれるかな~


2019年4月30日火曜日

It's Big Project…

入れ歯で不自由を感じていらっしゃる皆さんへ・・・

入れ歯から脱却するためには、多くの場合、インプラントによる治療を勧められると思いますが・・・
場合によっては、入れ歯からブリッジへ脱却出来る場合があります。


写真の患者さんは、初診時には上の前歯と左の奥歯に入れ歯が入っていました。
当然、インプラントの治療方針を第一選択に考えます。
しかしながら、身体的疾患と既存の歯槽骨の状態等・・そして、日本口腔インプラント学会の基準を踏まえて、最終的には、患者さんの希望と最も長期的予後が良い方法として・・・
7本の歯を土台にした、計13本の連結によるブリッジの治療方針を決定しました。

*ただし・・・なんでもかんでも、多くの歯をつなげてしまえば良いというものではありません。下記にその基準を示します。

1.歯周病:土台となる歯が十分元気でなくてはいけません。
2.延長ブリッジは絶対にダメ:ブリッジの最後部は、必ず自分の歯が土台の設計でなくてはいけません。
3.咬合力:男性か女性か?年齢が若いかどうか?骨格は?等の評価をして、噛む力に耐えられる設計をしなければいけません。
4.生活歯の数と場所を知る:神経の処置をしていない健全歯(土台)は、過度の噛む力や再度のむし歯、歯周病から守ってくれます。
5.管理能力:ブリッジ装着後に十分な清掃技術が必要です。

*自分がブリッジの治療が可能かどうかは、ご自身では判断つかないと思います。
一度相談してみては?いかがでしょうか??


飲んでも・・飲まなくても良い薬っていったい?



今日、「飲んでも?飲まなくても良い?と言われたのですが・・三か月前から月一回の ”骨粗しょう症” の薬を飲み始めました・・」との患者さんがいらっしゃいました。

市川に開業して三年強、同じセリフを別の患者さんからも幾度か聞きました。

そもそも、飲んでも飲まなくても良い薬????そんなもの存在しないはず!
服用する必要があるから・・服用するのが薬です。薬には必ず・・必ず!副作用があります。体の異常に対して、副作用のデメリットを超えるメリットがあるから、服用するのが薬です。

例えば、がんの放射線治療も、大きな副作用に耐えても・・・メリットが大きいから頑張って行われるんです。

この安易な投薬・・は、いったい???
おっと、危ない・・やめておきます。

ところで・・
この薬のデメリット・・歯科で抜歯が出来なくなります。
この薬は、あなたの骨のカルシウムの代謝をコントロールすることによって丈夫にする効果がある反面、骨の中の血流を減少させます。いわゆる、カチカチの石のような骨に代えてしまうと思っていただければ良い。

骨に血流がないということは、骨内に細菌感染等があった場合に、細菌等の攻撃に対抗する免疫をつかさどる細胞を感染源に運ぶことが出来なくなります。

骨が体の外に露出することはまれなのですが、歯科における抜歯後には、口の中にかさぶたができるまであごの骨が露出しています。その結果、「骨壊死」という骨が腐ってしまう現象が高頻度に起こるんです。
また、同じ理由でインプラントの治療ができなくなります。

かといって、〝大腿骨の骨折等を防いだり、元気に歩くためにも非常に有効な薬です。”
あなたに本当に必要なのか?
もう一度、整形外科の先生とお話しをしてみてください。
歯科からの、お願いです。

2018年8月26日日曜日

It's break time...

It's break time...



こんにちは!
うちのチューです。
2歳になりました。ちびですが、もうおじいちゃんです。
あと少しの間、元気で幸せに過ごしてもらえればと思います。

ネズミが大好きになったのは、トロント留学時に一年以上、毎日・・毎日・・ネズミと一緒だったからです。研究者の間では、そんな理由でネズミ系のペットを飼っている人多いんですよ。大学時代にNYに留学していた後輩は、モルモット飼ってます。

でも、同じ長い時を過ごした経験と、可愛さの他に、多くの命を奪ってきたことが心の底に、忘れることの出来ない想いとして残っていることが原因かもしれません。

研究のためという大義の元、人の命との引き換えに、今でも多くの動物の命が奪われています。故に、この結果として得られる事実が、本当に意味のあることなのか?どうか?について・・この仕事の重みについて・・私たちは責任を持たなくてはいけません。
有名な国際学会雑誌への投稿や、自分の出世のための業績づくりを目的に、命を奪う行為は絶対に許されてはいけません。

これからも、一匹でも多くのネズミと一緒に、わずか2年の命を幸せに過ごせればと思います。


2018年8月25日土曜日

歯を失う隠れた原因

歯を失う隠れた原因



歯を失う三大原因は、歯槽膿漏虫歯、そして歯根の破折です。
ここまでの情報は、TV等でもよく登場しますが、この裏に隠れた本当の原因についての詳細を語る歯科医師は意外と少ないんです。

('◇')ゞ解説します。

一言で言います。抜髄です。
一般的には、神経を取るという行為です。
むし歯が大きくて痛みがある歯に対して行う処置ですが、やはりなるべく神経を取るという行為は避けるべきなんです。

理由です。

再度のむし歯と歯槽膿漏:
歯の中に神経がない歯は、治療終了後に再度むし歯になった時、痛みません。つまり、事の重大さを知らせるサインを出してくれないために、むし歯でボロボロになり、歯を抜く以外に方法が無くなるまで気づかないんです。
もう一つ、神経のない歯は、歯ブラシするときに毛束が歯に接触した感覚がないんです。結果、神経のある歯に比較すると磨き残しの可能性が高く、再度のむし歯罹患と歯槽膿漏の進行のリスクが上がっています。

そして、歯を失う最大のリスクが、実は破折です:
スルメイカ、ビーフジャーキー、など・・・咀嚼に強い力が必要な時。また、貝のみそ汁の中に石があったり、不意に硬いものを噛んだ時。さらに、すでに何本かの歯を失っていて、奥歯の歯を支える歯の数が少ない時を考えてください。
もし神経のある歯であれば、力の限界を超えて噛む行為は、痛みを感じることで防げるんです。神経のない歯は、痛みの感覚が鈍いため、バリ・・ガリ・・っと、歯自体を壊してしまうまで噛みこんでしまうことが結構の頻度で見受けられます。

大きなむし歯を作ってしまった時、神経を取るということはやむを得ない治療方法ですが、その後無事に冠が入って、治療が終了しても・・・・一生、上記のリスクに注意を払い続けることが必要です。是非、自分の口腔内のどこに神経を取った歯があるのかを確認しておいてください。

もう一つ・・注意!
ブリッジの治療を行う時、土台となる複数の歯の神経をあらかじめ取りましょうと提案される場合があります。これは、土台となる歯をすべて平行に削除、形成する必要があるために、単独の歯の治療に比較して、歯の削除量が大きくなる事により、治療後に知覚過敏や疼痛を生じる可能性が高いからです。
また、患者さんにとっては「痛みなんか無かったのに、治療後に、軽度とはいえ痛みを感じるようになった。」ということに対しての理解が得られないために、歯科医師側が予防的判断により神経の除去を行う場合が多くあります。

土台の歯に過度の傾斜がない症例では、神経を残してブリッジの治療を行い、若干の知覚過敏とのあったとしても、半年から一年の比較的長期の経過観察により痛みの快漢が得られる場合は数多くあるので、初めから土台になるすべての歯の神経を取りましょうというのは感心できません。
主治医と十分に相談しましょう。
実際に、治療後に「痛い」、「しみる」等のクレームを受ける事を嫌がり、最初から土台の歯の神経は取ってしまうという治療方針の歯科医師は沢山います。

一本の歯の神経を取る・・・これがあなたが数多くの歯を失うことへのスタートかも知れません。

2018年7月19日木曜日

Toronto Island

Toronto Island

大門歯科のトップページのメイン背景は、カナダのトロントダウンタウンから徒歩5分、五大湖の1のオンタリオ湖の湖畔に出て、そこから船に約15分ほど渡った先にある島です。

ちょうど今の季節の休日には、朝から家族連れが島に渡って、湖水浴、バーベキューなど楽しむ、市民憩いの場です。
残念なことに、日本からのツアー旅行者の多くは、トロント国際空港に到着すると、まずナイアガラに観光に行ってしまい。トロントの街を楽しむ人は少ないんです。
とっても楽しい、素敵な場所なのにあまり知られていない(日本人見たことがない!)。
是非、訪れた際には行っていただきたいエリアです。


この写真では、カップルの老夫婦の横につがいのカモの夫婦が羽を休めています。将来の自分たちを重ねずにはいられずに、シャッターを切りました。

歯科医院選び(2)

歯科医院選び(2)
所属学会と専門医:









よく・・立派な賞状が数多く掲示してある歯医者さんありますよね。
その賞状が実際にどれだけ立派なものかって理解できます?
なんとなく凄いのかな!と思うくらいではないでしょうか。

上記の賞状・・どれが、患者さんにとって本当に価値あるものかわかりますか?
ちょっと難しいですよね。
この中には、一日講習受けただけのものもあります。

前回話題にしましたが、医療機関のHP上での広告に制限が開始されました。
その中で広告違反の項目の1つに、所属学会での認定医の資格について「実際に実績のある学会?」かどうかのチェックが入りました。

歯科には多くの学会があります。ココでのポイントは、学会の内容とその学会が認定する専門医の中身です。まず、学会に参加しているだけ(会員)では全く参考になりません。会費を払えば得られる資格です。

そして、学会の認定する専門医の資格ですが、それを得るためには千差万別があってその中身を一般の方が判断するのは困難を極めます。
 1~2日の講習で得られる認定医から、専門の歯科の機関(大学病院等の学会が認定した教育施設)に5年以上の従事し、規定数の症例報告と数年以上の経過を追った症例の学会での発表と口頭試問、論文の掲載。さらに筆記試験をクリアしないといけない資格など・・と様々です。

もし、詳しく専門医等の資格を評価したいのであれば、ちょっと面倒くさいかもしれませんが・・・学会のホームページにアクセスしていただき、「専門医を得るための条件」、「学会の規模と会員数」、「研究者の多い学会か?開業医の多い学会か?」等の情報を精査してください。

まとめ:
所属学会と専門医という表向きの情報のみで、簡単にその先生の技術を評価するのは困難ではないでしょうか?
重要な事は、歯学部を卒業後に臨床の勉強と経験をどのくらい真剣に行ってきたかということです。その一つの証として、所属の学会と専門医の取得があるのです。

次回は、経歴の評価方法です。